移住者や地域の子どものための森の野外保育園『森のムッレ園ぽっぽ』

NPO法人子育てネットやまぼうしの会

森のムッレ園ぽっぽとは

スウエーデン発の環境教育「森のムッレ教室」を保育に取り入れた野外保育園です。

雲仙市のみずほの森公園一帯と国見町内の豊かな自然を活動の中心にし、子育てしている家族のニーズにあった
保育のあり方を、きめ細やかに実践しています。

理念

私たちは1年を通して、自然を活用し、野外活動、遊び、冒険をすることで、生きる力を育みます。

子ども達一人ひとりを中心に、その周りに「遊び」「体験」「活動」「テーマ」を位置づけ、「探究心」「自主性」「積極性」「想像力」「表現力」「責任」が身に付きます。

子どもの発達にあった保育プログラム

雲仙市の豊かな自然の中で様々な体験を通じて身につく8つのチカラ<情報力><思考力><想像力><発想力><判断力><表現力><行動力><集中力>
<階段の全てのステップが必要です>自然の中で安心して快適に過ごせる→自然を楽しむ→自然を見て観察する→全体のつながりの関係を理解する→人間がどう自然に影響を与えているかを知る→行動して社会に貢献する
  1. 1才~2才:自然に慣れる

    自然の中で安心して快適にすごせるようになると、自然の中にあるものに興味を持ち、その中で自分の宝物を見つけることができ、よりいっそう自然が大好きになります。

  2. 3~4才:自然から学ぶ

    自然の中でゲームや遊び等の体験を通して、色々な知識を得ることができます。
    自然を楽しむことで、自分の好きになった生物・植物を大切にする心を育みます。

  3. 5才~6才:自然から想像する

    ファンタジーの世界に魅力を感じる年齢です。自然の中の色々な物に興味を持ち、観察をするようになります。観察して見つけた疑問や発見を自ら調べることで自然全体の繋がりや関係性を理解します。自ら発見し調べ理解する事で自分の意見として表現できる様になります。また、保育士や仲間と一緒に調べる事で、他人の意見も聞く事ができるようになります。考える力、表現する力、聞く力が身につきます。

入園案内

対象園児 満1歳以上の子どもたち
保育料
  • 運営協力費 年1回 10,000円
  • 週5日(38,000円/月)
  • 一時預り 15:00~17:00(有料)
休園日 土曜日、日曜日、夏季休暇(お盆)、年末年始、祝祭日
問合せ先 森のムッレ園ぽっぽ 桑田
電話 090-9609-8422
メール info@mullepoppo.jp

※当園は園舎を持たない野外保育園です。興味のある方の体験入園、視察も受け付けております。お気軽にお問合せ下さい。

運営母体

NPO法人子育てネットやまぼうしの会
理事長 桑田 久美子
〒859-1311 長崎県雲仙市国見町土黒甲1079-1

親子が子育てしやすい町、子どもにとって育ちやすい環境、地域で温かく子どもを見守り健やかな育ちができる町づくりを提案している市民団体です。平成21年度より、雲仙市の「雲仙市子育て支援拠点事業所」として子育てひろば「ぽっかぽか」を運営しています。